二重あご解消は首を横に振れば

二重あご解消は首を横に振れば

二重あごを解消させるためには2つの方法があります。
そのひとつが、首を横に振るというストレッチ動作です。
二重あごを解消するということは、首が太くなっているのでその太くなった首を細くすればいいとなるのです。

首が太いということは、それはやはり脂肪だとかによるものもあれば、その他血行不良やリンパ腋が滞っているという原因もあり、その起因したものの中でも首を固定していたという症例が多くあるそうです。

首を固定?

そういったものを考えてみると、過去に交通事故等でムチ打ち症を患った人や、ウインタースポーツのスキーやスノボーで転倒したとか、同じくオールシーズンのスポーツでローラースケートやインラインスケートなどで転等などもあるそうです。

その他、慢性の肩こりとかで普段から首回しとかの動作がない人や、病気による片頭痛やむくみだとか、やはり病気のために摂取する薬の副作用でむくみなどが発生した人だとか、鼻の病気などで鼻腔などの詰まりにより、耳下腺やがっか線などに異常が発生してやはりむくみが発生した人などには、二重あごという状態が見受けられます。

顔振り,2重アゴ,

こうしたむくみも含め、固定していた首を横に振るなどをしてストレッチでほぐしていけば、首の血行もよくなり、当然リンパ腋も流れやすくなり、また耳下腺やがっか線などの異常も良好な状態に改善されていくのです。

では、どのくらい首を振ればいいのか?

右に振って一回、そして次に左に振って二回、こうして右左と繰り返して左右各50回合わせて100回を5セットすれば、早い人で3日目くらいから喉仏(女性でも小さいですがあります)あたりから脂肪等の現象が見え始めてきます。

こうした首を横に振る動作を毎日500回すると1ヶ月も経たないうちに、入浴中特に浴槽に3分間以上首まで浸かっていた後に、鏡で首周りや顎まわりを見てみるとスッキリと細くなってきているというのがわかります。

ここで注意。

・運転中や忙しい合間などに、この首振りを行わないで下さい。
・人によっては素早く首を振ると目眩などの異常を引き起こす事があります。
ご自分にあった最良の方法を見つけくれぐれもご注意をしてください。
また、病気など身体に異常のある人はストレッチを行う前に医師に相談してください。