嗜好品は呼吸量が増えているから

嗜好品は呼吸量が増えているから

嗜好品で痩せるといわれるけどその理由としては血管を拡げ血流量が増加する云々とかが主な理由といわれてます。

税金も足りないかな?

実際そう考えられなくも無いのですが、果たしてそれが主要因なのでしょうか?
といっても、この嗜好品秋に値上げされたので離れていった人も多くいてその人たちがその後どうなったかも気になります。

実はかれこれ3年がきますが、その嗜好品をやめて体重増加を経験したのですが、よくよく調査をしてみると、まず脈拍は断然遅くなりました。
その他は鼻詰まりが少なくなりましたが当分の間は口呼吸のままでした。
ここなんです。

必然的に増えているような

嗜好品を口にすると呼気吸気が何もしない状態より多くなります。
これは1箱で考えるとその1本あたりでさらに人にもよるでしょうが最低で50回最高ではその倍近く呼吸量が多くなりますし、当然肺に取り込む吸気量はかなり増えると思います。

成人1回の呼吸量は400ミリリットルで、こうした呼吸は練習次第では更に1500ミリリットルもプラスされ約2000ミリリットルの呼吸量を1回で取り込むことが出来るそうです。
ここだけを考えると呼吸量だけを当然のように4倍~5倍にすれば体重の減少に結びつくように思えます。
ということは血流量が増えるのでなく単に呼吸量がある程度キープされていたから体重の増減が変化していなかったのかも知れません。

後は姿勢を

こうした嗜好品をやめて体重増加がみられたとしても数ヶ月もすれば通常の体重に戻りますから問題は無いのですが、もしかしてやめた結果増えたために、再び嗜好品を口にする人も少なくはありません。
そんなときには呼吸量を増やすことを考えてみてください。
確実に痩せれます。