ヨガのポイントは室温

ヨガのポイントは室温

数年前ですかね、ヨガやピラティスがセレブやプチセレブの間で流行っていると日本のマスコミが騒ぎ出したのは・・・

確かに、マットをブランド品にしてという話題はあのペットブームの延長線にあるようですが、このヨガやピラティスをやると痩せるというのを知っている人は多くいます。

呼吸法だけ?

しかし、あの呼吸法だけで何故痩せるのかというのはとっても不思議です。
よくよくその基本を考えるとぼんやりとですが、腹筋のしめかたが姿勢を正すからかなと考えられますが、常に腹筋に力を入れすぎると、ねっころがったりうつ伏せになったり、またはこれでもかといわんばかりに後ろに反るそのポーズをするためには、かなりのメンタルの鍛錬もしなければ継続できません。

スー スー スー と鼻で呼吸を整えながら身体を動かせば呼吸法も正しくなり有酸素運動の手助けにはなりますが、これをあわせても何故痩せるかが不思議だと思っている人は多くいるのではないでしょうか?

若干高めなのは?

実は、何を隠そう、このヨガとかピラティスは室内で行うもので、その室内の温度が若干高めになっているのです。
となると?

サウナスーツを着込んで激しい運動をするのもダイエットの強い味方ですが、ラフで軽装の服装で室温をすこし高めにした部屋野中で、身体のストレッチと同等の動作をストレッチとは違いただゆっくりとしているだけで痩せるのがヨガやピラティスと考えればこれってやらないわけはないですよね。

あのマット、汗が零れてもいいように使っているんです。