塩素除去がお肌をナチュラルにもどす

塩素除去がお肌をナチュラルにもどす

日本の上水道から家庭に送られてくるお水には塩素が含まれています。
そして、これからの季節回数も増えるプールにも大腸菌などの繁殖を防ぐためにも塩素を混ぜているというのはご存知ですよね。

しかし、この塩素薄毛になるはアトピーなどのお肌(皮膚)のケアに困っている人にはとってもやっかいなもの。

子供の頃には塩水に浸かればいいからとも言われていましたが、実はその逆で、海に浸かったがためにアトピー症状が出始めたという人が多くいるそうです。
こうしたアトピー症状をお持ちの人は肌着にはシルクとなるそうですが、そんな高価なものをポンポンと買えるわけもなく、また、かといってバスタブに浸かれば身体が温まることで更に痒みを刺激してしまいさらに悪化させることもあるという人もいます。

バスタブに溜めたお湯はほとんど塩素濃度も薄まるようで、どうやらお風呂上りの前にかけるシャワーが影響しているようです。

塩素除去,

よく、この塩素の話を口にすると、水泳選手やフィットネス等のインストラクターはみな薄毛になっていないし、アトピーにもなっていないじゃないかと、まるで鬼の首でもとったかのようなドヤ顔をしてきます。

ちょっと待ってよ、バスタブも溜めた話をしたじゃないか、プールも同じ条件で、シャワーヘッドから直接受ける最大の塩素濃度がまるっと含まれているそのものを浴びるととなればそれがいけないのだといっても、こうした人は決して耳を傾けようとはしません。
それよりも何も、アトピーになる人となっていない人の比率をいえばおそらくアトピーの症状を持っている人の数がものすごく少ないのに何をプールの話まで引き出しているのだと逆に怒りたくなってしまいそうです。

ということで、こうしたアトピー症状の人にも優しいシャワーヘッドも市販されていますが、何よりも体質を整えなければならないのも事実です。
そんな人にはL-システィンの多く配合されている食物や栄養剤を口にする方法もあります。
お肌にいいし、なにより体質を整えると痩身の助けにもなるそうです。

ちなみに、このL-システィンの多く配合されているものは薬局の陳列棚には置いていなくレジの後ろの棚に並んでいるそうです。
人気のあるものだからという単に万引き防止のようですが。