歩くときは胸を張り過ぎないように

歩くときは胸を張り過ぎないように

胸を張って歩いている人がいます。
既に背骨が湾曲してるのでしょうか、それとも、肺が空気を吸い込みにくくなってしまっているからでしょうか、今はそのどちらでもないにしても、顎が前に突き出るような歩き方をしていると、2重顎になるかもしれません。

顎を

顎を突き出さないと歩けないのであれば、身体のゆがみを早急に治してください。
横隔膜が内蔵に圧迫されて肺を押し上げて呼吸量が小さくなっているのかもしれません。
肝臓、または、膀胱あたりに負荷がかかりすぎているのかもしれません。

疲れを

内蔵等の疲れを自分で確かめる方法としてはリフレクソロジーが手っ取り早いです。
肝臓の反射区の痛みもあるでしょうが、膀胱の反射区はぷっくりと膨らんでいるはずです。
まずは、その箇所をマッサージ・・・