副鼻腔の反射区をマッサージ

副鼻腔の反射区をマッサージ

副鼻腔(鼻)の反射区は足の親指の外側の側面にあります。
この副鼻腔に異常が出ると蓄膿症や額部あたりまで痛みを伴い、また、蓄膿症では顔が腫れあがったりして熱を発生させたりもします。

そうした鼻の詰まりや鼻関連の不具合は、通常の呼吸を阻害し睡眠不足になったりする場合もあります。

足元が素足でいられて涼しくする初夏から秋頃までに見るつもりがなくても、他人のこの足の親指の側面についつい目線を移す事があり側面の反射区をみてはいらぬ考えを抱いてしますことがあります。

呼吸は有酸素運動の手助けにもなります。
ジョギングやマラソンで呼吸があわなく長く走れないとか、ちょっとした坂道でぜいぜいと息がつらくなるとかという症状があるのなら、今一度、この反射区をチェックしてみてください。
呼吸量が安定してくると、自然に体脂肪も燃焼してくれます。