高血圧症予防飲料

高血圧症予防飲料

高血圧予防飲料として有名なのがウーロン茶(烏龍茶)や黒い烏龍茶(黒烏龍茶)やトクホ(特保、特定保健用飲料)飲料として販売されています。
こうした高血圧や高脂血症といった一般的に成人病と呼ばれている各症状を経口摂取することにより不具合である高い血圧や血液内にたまった脂肪分を体外に排出し健康な身体に改善するといったものは、今では、客寄せパンダ的なトクホという呼び名の素に多くの飲料メーカーや輸入代理会社等により販売されています。

欧米化

食事の欧米化に伴い、血液中に溜まる脂肪分が増えて、成人病としてあらゆる症状を引き起こすというどちらかといえば、脅しのような表現でこれらの商品が販売されていますが、そもそも、お茶などの飲料はかつては味付けが薄かったり苦かったりと一般的には嫌な味の嗜好品の一部であり、日本の家庭においてはごく普通の食事と共に飲むものとして浸透していたものが、糖分の含まれた飲料や甘さに加え炭酸水とあわさった飲料が、甘さや炭酸が喉を潤すといった刺激的な飲料に変化していったものが、健康重視という身体を見直すために再び呼び戻されてきたと考えれば納得できます。

飲んだ効果

実際、こうした飲料を飲んだ効果は多大のようで、といっても、お酒やジュースで摂取する成分を控えることも考えられるので、平行で摂取した結果については不明のようですが、ダイエットや運動時に摂取することにより喉を潤す効果があるというくらいに押さえておいたほうがいいのかも?