立ち姿の姿勢をただす

立ち姿の姿勢をただす

すくっと立ってみて自分の重心がつま先側なのかかかと側なのかをチェックします。
これで、重心移動をしながら反対の位置にきたとき、すなわちつまさき重心であればかかと側に移動、かかと側であればつま先側に移動してということです。

この状態で歩き始める。

ものすごく違和感

はじめは、ものすごく違和感があります。
下手をすると、膝とかを痛める可能性もあります。
ただし、これは体制を取り続けた場合だけであって、意識をしてと付け加えておきます。

常にでなく、意識して重心を移動しながら歩き始めれいいということです。
2日目には違和感も取れて自然に身についたように歩き始めます。

それだけ、立居だけでなく座位とかでも姿勢が相当崩れているようです。