WAO!!  ワーオと発音します。

WAO!!  ワーオと発音します。

そうです洋画などでよく耳にする、驚きなどに発するワーオという言葉です。
誰しも子供時代には、親に自分の事を一生懸命聞いてもらいたいし、ただし、まだまだ言葉だけでは説明しにくいために、沢山のワードを連ねていたはずです。

年を重ねる

やがて年を重ねるにつれ、簡単でそれこそ単略語でいいんだという事に気づき、それからは友人以外との会話はほとんどといってよいほど阿吽の呼吸でわかってもらうので益々喋る事もなくなっていきます。
年をとると頬はたるみ・・・

年をとると頬はたるみ・・・
これこそ、喋っていない証拠!
普段から言葉を多く発する役者さん、特に朝昼の連続テレビ小説などの主役の方はみるみる頬がこけていくそうです。

顔のたるみ

そうなるまではいかなくても、この頬のたるみが出来無いようにするためには何か言葉を発する事以外にはないのでしょうか?
毎日あいうえおかきくけこと50文字弱の言葉を数十回繰り返すのもいいのでしょうが、このワーオという言葉を発すると丁度頬の辺りの筋肉を十分使えるのです。

応用しない

これを応用しない手はない、声を出そうが出すまいがワーオワーオワーオと一日300回くらい発すると顔の筋肉に疲れが出てきます。
変顔は人に見られると恥ずかしいけどこれならば?・・・