腸のマッサージ

腸のマッサージ

お腹の掃除と考えてみてまず最初に浮かぶのは、お粥のような柔らかいものを食すとか、または、辛い辛いあの辛い断食を数日続けるとかだと思います。  その他には、普段ヨーグルトなどを食べない人は、大きいサイズのヨーグルトの半分でも食べれば、翌日お通じがよくなると聞きます。

 

しかし、この腸のマッサージは、外から間接的に腸をマッサージする方法で、それは昔から言われてきた、あの方法で、仰向けに寝て、お腹に右手のひらをあてて、腸の納まっている状態と同じように右回りでさすっていきます。

このマッサージ法は、特に縦方向になると痛みが出る人がいるらしく、おそらくですが、そうした部位に汚れた便というか、排泄されていないものとか、それ以前の未消化物などとか、それともおならなどのガスが溜まっているのではないとか言われています。

マッサージは、食後1時間以内にやらないでください。

必ず、仰向けに寝てリラックスした状態でマッサージを行ってください。

ちなみに、荒療治としては、手刀といって手を刀の刃先のようにして、みぞおち付近からこれら腸と言われるものが納まってる部分を刺すように力を入れながらマッサージするらしいです。

極端な話、腸などの内蔵を直接掴むとかも・・・

 

翌朝にはすっきりと出来ますように。