しょうがはジンジャー

しょうがはジンジャー

鶏肉、豚肉を炒めたり、煮込んだり、また、煮魚をするとき、いうならば、和食を作るときに、その食材の臭みを消すためにしょうがを使用します。

このしょうがも、ここ30年くらい前から、チューブ式で手軽に使用できるため料理上手な主婦も増えたのでは???

しかし、不思議なのはこの、しょうがはビールだとかお酒の肴にする、あの日本人定番の手軽な一品料理の冷奴にも、このしょうがが使われています。

これって、豆腐の臭みはないからいったい何のために?

料理では

こういった豆腐や湯葉などにはわさびを使うんだけど???

じゃあ、この意味は???

残念ながら、今日はそれを調べていないので・・・

で、このしょうが実は臭みだけを取るための物ではないんです。
これは、ほとんどの女性なら知ってるけど、このしょうが、実は利尿作用があって、今では、あの女性に人気のピーチティとコラボして、それはそれは、ほのかな香りとピーチの甘さがベストマッチとなっているんですよね。

これのすごいところが、先ほど述べた利尿という、キーワード・・・

即効性がある

飲んだ直後から、それはそれは、ニコチンやファイブミニ。
ちなみに、リポビタンDはタウリン配合だから、アミノ酸です。

ニコチンやファイブミニどころかそれはそれは、この利尿効果は多大なんです。
それに、まだおまけがついて、身体の保温効果まであるときている。

さすが日本人といいたいところだけど、ジンジャーという英語名があるので残念ながら、これは外来のものでしょうね?

しかし、和食にあれこれと臭みとりだけでなく、保温効果まであれば、これは食すか、飲料として飲む方法もお奨めです。

ひとつ思い出したのが、居酒屋だったかか焼き鳥屋だったか?
温豆腐というのがあって、湯豆腐ではないが温かい豆腐にもしょうがついてたな???