急ぎ足なのか早足なのか?

急ぎ足なのか早足なのか?

急ぎ足は寿命を縮めるともいいます。
確かに、そんなに急いでどこに行く・・・といった、その意味は車の運転についてだが、そのはやる気持ちを嗜める意味合いは、やはり、何のためにそんな急ぎ足なのかともいうのでしょうか?

情報化社会

確かに情報化社会、はやく情報を仕入れた人で、それを仕掛け、そして実践している人はネット社会でも、大儲けしているし、過去からのある分野の仕事については、やはり大成功を収めていますから、そういった意味での急ぎ足はいいのかも?

っう、これはウオーキングというスポーツで早足は、心肺力をあげて、その心肺力が上がることで、新陳代謝もよくなって健康的な生活も出来、何よりも有酸素運動で、脂肪も燃焼すれば、これほどよいものはないのではないのかな?

そうでしょうね?

確かに、運動というか、歩くという事は身体だけでなく、その歩く事で脳内の酸素も取り入れ、また物事、例えばネットで小説を書いて公開している、文豪だとかオタッキーなんかに、いや、本来は小学生から学生全般、はたまた社会人に至るまで、この歩く事で、頭の回転が良くなって、それはそれは良い結果がうまれるのだとか?

そうなんだよね~。

お笑い界の人も、そんなに頭の回転が早くなればもっと多くの人を笑わせて、いや、ご本人も超売れっ子になってこれは一石二鳥になるって事わかんないのかね~。

早足は健康だけでなく、確かに仕事の美味しい情報も得られるでしうね。
しかし、急がば回れ、唐突に物事を短絡的に考える人には、逆効果かも?