ウオーキング、手の振り方。

ウオーキング、手の振り方。

ウォーキングをしていると、ふと何かをぼんやりと考えてしまう事があります。

まあ、このリラックスでアルファファが出てくれれば、それはかなりのまったり感で入れるということでしょうね?

そして、ふと我に返るのが、あれれ? 左右の手の振りがおかしくない?といった事に気づいた時です。

憶測の域を超えない

これは憶測の域で、実質どうなのかははっきりとはわからないのだが、この左右の手の振りは、傾いている側の手は振りが小さい。

ん?

傾いている?
そう、右腰が上がってれば、右肩が下がり、左腰が上がれば左肩が下がっている。
これが、身体の歪みによるはっきりと目に見える状態である。

こうした、右腰が上がり右肩が上がっている人は右手の動きがおかしくないかな?

そして、逆に左腰が上がっていて左肩が下がっている人は、左手の動きがおかしくない?

あっ、意識的に左右、両手を一生懸命振っている人は別だけど、こうした左右の振りが違うのは、利き手のほかにも利き目の違いもありそうな気がしています。

ん?

利き目?

そう、利き目が正面を歩く時の首のちょっとした歪みとなるのか、どたらかの肩が下がっているために、顎の芯がずれて頭が傾いているのか???

まあ、こうした左右の手の振りがほぼ同じようであるならば、しっかりと痩せられて、綺麗になれるのかも?