走るという事は? vol-1

走るという事は? vol-1

走るという事は、心臓を大きくする事となる。
この話は、中学生の頃に聞いているか、習っているか?それとも調べたか???

まあ、それはそれ、別として、走るという事は心臓を大きくするということで、心臓が大きくなれば、それにより、心臓が送り出す血量が多くなるという事で・・・

血量が増えれば

すなわち、血量が多くなれば、体中に張り巡らされている静脈、動脈のみならず、皮膚下にある毛細血管までに血を送る、すなわち末端までに血を送る結果としてシェイプアップとなる。

こういった血流について、この血をさらさらにするという事で、水分を、水を一日1.5Lだとか2L飲んで、そのさらさらになった血が体中をめぐるということは、でなく、末端まで行きやすくなるのもあるということ。

摂取すれば

となると、脂肪の多い食物を摂取すれば、この脂肪分が内臓の働きにより血分として取り込まれ、その脂肪分を含んだ血が、体中をめぐると肥る?となったのかな?

ということで、この走るという事は、心臓を大きくして、その血量を増やす事により、うまくいけば、あの笑っていいともの司会者、タモリが関心する、体脂肪が一桁台となるのである。

この体脂肪一桁台の身体を作り上げるには、心臓を大きくして、その血量を増やせば、たやすく達成できるのでは?

一桁台をキープ

しかしながら、日本というか世界の国々の中で、体脂肪の一桁台を作り上げ、そして、それをキープするには、一般的な感覚で考えると、日本やアメリカにあるプロ野球だとか、いや、フルマラソンを仕事としている人だとか、会社務めでも、ノンプロで、朝から晩までスポーツで身体しか動かさない職場でしか達成できないのでは?

まあ、これで痩せてる人はダイエットをしているのでもなく、ただ単に身体を動かせているだけなんだけどね?