上後鋸筋・・・インナーマッスルトレーニングvol2

上後鋸筋・・・インナーマッスルトレーニングvol2

下後鋸筋というものがあるなら上後鋸筋というのもあり、下後鋸筋が呼気を補助するのと逆に吸気を補助する呼吸筋というものである。

補助

この上後鋸筋は背中側の肋骨の上部辺りにある筋肉で、吸気を補助するためという、そのものの大きさは小さいけれど、ダイエットやシェイプアップだけでなく、普段の姿勢や行動をするときに、下後鋸筋とともに上手に使いたい筋肉でもあるようだ

実際、猫背などダイエットやシェイプアップというものとは関係ないが、こういった姿勢の善し悪しで影響を受けたり、また、身体の歪みなどによっても影響を多大に受けるものでもあるようだ。

落ちない脂肪

こうした上後鋸筋や下後鋸筋とか、身体の腕の下からわき腹といわれる側面にある前鋸筋と同様、インナーマッスルという内層筋で、大きな力を生む外層筋と違い、ゆっくりとした動きをしながらその筋肉の特性を維持し続けるもので、ウォーキングといった手軽なスポーツだけで簡単に維持は難しく、おそらく、インナーマッスルという言葉は知っていても、そんな筋肉というものが実際にあって、その筋肉が呼吸の呼気とか吸気とかいうものを補助しているという大切な役目を知るということが、ダイエットやシェイプアップなどを続けたり、スポーツで健康を維持するためのモチベーションにも繋がっていくのだと思う。

この後鋸筋は呼吸を助ける目的の筋肉で立位・座位での姿勢に気をつけなくちゃ。