背筋が強いとジャンプ力が凄い!

背筋が強いとジャンプ力が凄い!

バレーボールやバスケットボールだけでなく、結構注目されるオリムピック競技にもその種目がある体操などもこの背筋が強くなければならないようだ。
実際、この背筋力は前鋸筋(ぜんきょきん)とあわせて必要なのがバレーボールで、ダンクシュートだけでなく通常のシュートにもジャンプ力が必要なバスケットボールや、床運動など、ジャンプそして前転・後転といった体操にも当然、この背筋力が必要となってくる。

えっ?

ジャンプに何故背筋?
ジャンプは脚力だけじゃないの?

人間も元々は4足歩行の動物だったはず、骨部に仙骨というものを進化させて2足歩行が可能になっているだけで、この上半身のそれも背筋の筋力が強くなければ本来のバランスもとれないというのが過去から研究されてきているのはご存知のはず。

鍛えれば

この背筋力を鍛えれば鍛えるほど、ジャンプする時に体を引き上げるという動作や伸びる動作をするために確実に必要なものなんです。
また、この背筋、特に肩甲骨の位置もちゃんとあるべき位置にないと歩行にも支障をきたしたり、また肥ったりもすると、最近では言われています。

で、この背筋は肥っている人も、当然強くなっていて、背筋力が強いでなく肥っている人も実はジャンプ力がそこそこあるという実験までされているんです。

じゃあ、この背筋が強いと肥るのか?
はい、そうです。

だったら前かがみにしろ

かつて、背筋が強い人は、年齢を重ねるごとに肥る傾向にあるようです。
それは、背筋の強さは肩幅にも現われ、そういった骨格にそって脂肪もつくのでなく、その肩幅ゆえに狭い幼児体型の人よりも数倍そういった部位を動かしていなければならないからです。

ということは、この背筋を落とせば痩せるのか?

背筋

いや、落とすのでなく、まず、肩甲骨の位置を元に戻すのが先決なんです。