口呼吸はマジで太るのか?

口呼吸はマジで太るのか?

口呼吸の人は太る!・・・ こんなイメージを抱いている人も多いはず。
しかし、この口呼吸をしている人はマジで太るのかと疑問に思えるときがある。

動物は肺で呼吸をしながら、その呼吸時に大気中の空気を吸い込みそして二酸化炭素として吐き出すというのが当たり前なのだが、ダイエットやシェイプアップには、この呼吸がいつも話題に上がり、そして、いつもこの呼吸が云々といった事から始まることもある。

情報が錯綜

確かに、脂肪燃焼には酸素が必要だ!
その酸素は一般的に空気中に21%含まれている。
で、この酸素、スポーツ選手はもとより、TVの番組の中でちょっと過激な運動を行った芸能人なんかが、スーハーって一生懸命酸素ボンベから体内に取り込んでいる。

しかし、酸素酸素というけれど、酸素ばかりを取り込むとそれこそ脳が・・・となってしまうし、そういった純度が高い酸素はそれこそ、それなりの救急の教育を受けた人しか取り扱うということは出来ない。

まだはっきりとは?

で、この酸素を多く取り込めば痩せるというのが定説なのだが、確かに、運動をすれば呼吸も大きくなって取り込む酸素量が増えて痩せると言われているのならわかるのだが・・・

そう、今では多くの人が行き交うとか多くの人が集う場所や公共交通機関などでは分煙といった部屋等まで設けなければならなくなった。
せっせと、そういった部屋に入り、または、寒い冬に建物の外でしかと考えも根付き、主要な都市や大きな市街地の中心部でも歩行しながらでも条例で取り締まれている時代、そういった人々の殆どが、鼻呼吸でなく、口呼吸をしているとなっている。


じゃあ、違うじゃん。・・・
とは、ならない、それは血管を広げる作用を持ち合わせているというのがあり、呼吸が口だとか鼻といったものではないというものは結びつかないのである。

ぷっつりと

それが証拠にぷっつりと辞めた人は、みるみる太るというものもあり、そこだけを考えても口呼吸はというのを切離して考えなければならないと思う。

果たして口呼吸はどうなるんだろうか?
確かに、鼻で吸って口から吐き出せば、大きな呼吸になるのだろうが、もともと鼻呼吸が苦手な人はすべて太っているのか?ということにもなってくる。

くしゃみ鼻水鼻つまり

当然、風邪とかを引いた時は鼻呼吸は鼻つまりで出来なくなり、そのため口呼吸となり、口だけで呼吸するため、喉を傷めるのであるが、それは完全に口からだけの呼吸となるためにである。
そう、それだけで呼吸をすれば確かに喉をいためるとか、風邪とかというより、大気中の汚い埃や塵などを吸い込むというのが普通で、アレルギー性鼻炎の症状がある人は予防のためにマスクを装着するので、同様そうしたマスクなどを着用すれば問題はなくなる。

口呼吸は太るでなく、口からも吸うのを補う必要もあるのでは?
これは実際やってみるしかないかな?