痩せるための食事

痩せるための食事

実は1ヶ月で7~8kgいや、もっと体重を減少させる方法がひとつあるんです。
それも、過激な運動などスポーツによる体脂肪を減少させるような、それこそ、
悲鳴をあげるのも我慢するような事もなく、楽に・・・

それは、1日1食食べるだけで、それを4日~5日間連続そして、1ヶ月にトータル
20日~23日間食べるだけで。・・・

カロリー計算済み

それは、外食それも同じ会社の安価な弁当を昼食にするだけでいいんです。
それこそ、これはアミノ酸が生み出す体重減量効果。
よって、それをドリンクとして飲む事で痩せるという情報が蔓延しているのかもしれないけど。

アミノ酸といえば、うまみ調味料や化学調味料といった、食事を作る過程で
醤油や砂糖といった、さしすせそであらわせる調味料を激減させるために
成人病の予防まで出来るような感覚が何故か日本人の頭にインプットされて
いるけど、この化学調味料は別名中華料理症候群(チャイニーズレストランシンドローム)
といったかれこれ50年以上も前に、50g~60gといった多量に使用する
このうまみ調味料だとか、アミノ酸というものを表に出している化学調味料によって
身体に異変が出たというのはどうやら無視されてきたのかも知れない。

ご飯も蒸して炊いていたのもあるが

実際、自身も会社の安価な弁当を食べた時に何もせずに体重が激減していくのに
不思議に感じ、その弁当を食べるのを止めた途端に、元の体重に徐々に戻って
行く事ができました。

何故?

カロリー計算されているからだと、勝手に納得していたけど、実は、安価な弁当を
提供するためには、醤油や砂糖やみりんやお酒などの調味料の使用を減らせば
いとも簡単にその単価を低減させることはできるというものを重視していなかった
という反省点も今ではあります。

試すのは勝手だけど、痩せるためであるならば、まだカリウムの含有量が多い
おかずだとかを一品増やした方がいいと思います。