外食で痩せるわけ

外食で痩せるわけ

コンビニの弁当やおむすびまたは、有名なチェーン店の丼物やラーメン、そのほかイタ飯にファーストフード店のハンバーグなどばかりを食べると確実に痩せられます。

これは経費低減もあわせ、化学調味料をそれぞれの食品の味付けに使用するためで、そのために醤油や砂糖そしてお酒にみりんに塩にお味噌に・・・
一般的な調味料の使用量を減らせば、本来使用すべきもののかわりにそうした一般的な調味料による味付けを化学調味料が補うというもので、この化学調味料は水と反応するというメリットまで持ち合わせていているとするならば、尚更の事使用するのは誰しも同じ考えを持つのでは?

では、何故痩せるのか?

当然のように一般的に使う調味料自身の持つカロリーが少なくなっているのと、化学調味料のカロリーの差がカロリーを押さえた、いわば、病院で出されるカロリーが低い食事というものと同じなのである。

この化学調味料のカロリーと調味料のカロリーの差が大きければ大きいほど、それにより食した品数が積み重なれば当然のようにカロリー減となり、痩せられるわけです。

そうだなあ?

大体、1ヶ月で3kg~5kgは確実に痩せれます。
それも、昼食だけを1ヶ月で20日~23日外食にするだけでいい。
しかし、この化学調味料は弊害もあります。
まず、吐き気、そして目眩などや頭痛など。

外食

これは、かれこれ50年も前から言われていた事で、その発端は中華料理で、あれほど脂っこいものを食べても肥らないというのも、実際はそうしたからくりがあったりすることもある。

ナチュラル

スーパーにいけば、この化学調味料を使用していない、自然のものというのが増えてきているのにお気づきの方もおおいかも?
実際、自分は苦手で、極力化学調味料は使用しないようにしていますが・・・

外食

身体に弊害の起こらない人はお試しあれ・・・