筋トレ 超回復

筋トレ 超回復

ダイエットと併用して行いたいのが、各部筋肉のトレーニング、略して筋トレ(筋肉トレーニング,ウエイトトレーニング,加圧トレーニング)なのだが、この筋トレには実はいくつかの守らなければならないことがあるようで、それが超回復というものです。

筋肉は、使用することにより、その状態を維持しているのだけど、これが肉体改造や趣味のスポーツなどのために行う筋トレなどにより、通常の生活とは違い筋肉そのものに負荷がかかると筋肉が損傷を起こすといわれ、それがあの辛い筋肉痛というものとなるそうです。

知らないために臆病に

実はこの広い世の中で、この筋肉痛を経験していない人がかなりいるようで、最近の日本人の生活環境や、屋外の状態を考えてみると、階段はエスカレーターやエレベーターに変り、歩行は公共交通機関やマイカーなどの移動手段に変わってきているので、そうした筋肉に負荷を与えるということは一部自転車などを使える環境以外では通常考えにくくなっている。

それで、スポーツまたはフィットネスなどジムでアイソメトリックなども含め筋肉の鍛錬を行うと、たちまち筋肉は筋肉痛というもので教えてくれているのである。

こうした筋肉痛が起きた時点では当然のことながらプロテイン(たんぱく質)が損傷箇所を修復してくれているので、そういったプロテインの補給を常に行わなければならないが、実は、この筋肉痛は身体の大きな筋肉や上半身や下半身または腕など、それぞれの場所は、ある程度のトレーニングを積み重ねていく中で休息を与えなければならないのです。

超回復

休息しないと遺伝子が破壊されるかも

例えば、腹筋は日常生活において常に運動されている可能性がある箇所では休息は、就寝から翌日の運動までの時間の休息で問題が無いのだが、例えば背筋などでは24時間は休息が必要であるということになるのです。

この休息を超回復といい、そういった筋肉を休息させながらトレーニングするということが大切なんです。

ちなみに、プロテイン含有食物を例に挙げると、ピーナッツバター、抹茶、脱脂粉乳(スキムミルク)、かつお節などでも摂取できます。