自転車ダイエットvol-2

自転車ダイエットvol-2

自転車ダイエットは、ウオーキングに自転車分の乗車距離を合わせたもので、短時間でも効
果が期待できるものです。

当然、フィットネスジムにも、エアロバイクというものがあって、ペダルの回転数を60rpm/分で心拍数を135/分くらいでペダリングすることで、手軽にシェイプアップできるということで、汗をかきたくない奥様などは、ペダリングを一番軽いものにしてジワジワと体内の温度をあげることと、ペダリングにより、そけい部の運動が多くなるのでリンパの働きも活発化すると、それはそれは効果が無限に広がるものということで、大人気の運動になっている。

しかし、この自転車ダイエットにもデメリットが・・・

そのデメリットとは。

ペダリングの回転数を60rpm/分そして心拍数を135/分といったものにキープしようが、漕ぐ時間を10分~30分くらいにしようがしまいが、あのエアロバイクの幅広いサドルであっても、物凄くお尻が痛くなるというデメリットがあるのである。

これが、街のりであっても、ロードタイプの自転車やMTBタイプのものは、当然の如く、サドルが小さくそして物凄くシャープな形状をしている。

タイプがある

ママチャリであれば、エアロバイクと同じだが、ここでは自転車ダイエット。
その車種は多段ギヤー付きのものとなると、それは細いサドルが主流となっている。

しかし、そのお尻の痛さを緩和してくれるすぐれものがある。

それが、このカバーである。

サドル,ジェル入り,自転車ダイエット,MTBこのカバーを細いサドルの上に装着すればよくて、カバーもママチャリやエアロバイク用など幅の広いサドル用から、MTBやロードタイプの自転車のように細くてシャープなサドル用などもある。

これで、2時間のサイクリングも問題は無し。